INFORMATION

2018.07.09公官庁情報

31・32年度建設工事入札参加資格申請の解体工事について

埼玉県電子共同システムでは、31・32年度の建設工事入札参加資格審査における「解体工事」の取り扱いは下記となります。

「解体工事」の申請業種は、解体工事業だけとなります。従って、申請を希望する場合には、「解体工事業」の許可を取得していて、解体工事業の経審を受審していることが必要となります。

経営事項審査の総合評定値は「解体」欄だけが表示され、格付けに当たっては、経審の「とび・土工・コンクリート・解体(経過措置欄)」は使用されないことになります。

「とび・土工工事業」の「解体工事」は申請できませんので、「受注希望工事」からも「解体工事」がなくなります。但し、「ひき工事」は残ります。